無料のVPS

オンラインゲームのHPをVPSで構築した話

結構昔の話です。
オンラインゲームで知り合った仲間たちで、ゲーム内での情報を共有する場が作りたくてホームページを作成しました。

 

そのゲーム内ではグループで戦ったり行動したりする事が多く、独自のホームページを持っている人が多かったので真似をしてみたのですが、本当に手探り状態で毎日コツコツと仕上げました。

 

まず、サーバー自体が何か分かりませんでしたし、どこのものを使うのがいいのかも分からなかったので、一番自分の中で安心できそうなJUGEMさんのを使いました。これも検索などでよく名前が登場していたという理由でした。

 

サーバーを決めたら今度は素材を探しました。
オンラインゲームをしている人はコンピューターに詳しい方が多く、そういった方達がホームページを作っているのをまだ知らなかったので、他の方達のようなクオリティーを求めてしまい、サーバーで簡単に設置できるものは避けてしまいました。もちろん、HTMLとはなんぞや?という状態でしたが、素材屋さんで無料で取得できるものを見て雰囲気で理解し、コピーしてまたその中に他の素材屋で取ってきたものを入れてみてホームページを確認し、おかしな所を直すという作業を延々と繰り返して納得のいくものが出来るようにしました。一番難しかったのは、私だけかもしれませんが色々な素材を足してしまうとサイドバーがずれてしまう事です。ずれるというより全部が落ちてしまって下に表示されるという状態が続き、何度も何度もここかな?という所を修正してみてはホームページを確認して悪戦苦闘しました。

 

フリースペースを有効に使い、面白そうな素材を見つけては設置してみたりしてオリジナリティーを求め、慣れてくるとアレンジもそこそこ出来ました。

 

メンバーならだれでもホームページの更新が出来るように設定をし、自分一人ではなく、複数の人数で交流できるのが一番良かったと思います。

 

VPSサーバーが必要になる

その後、ホームページの運用にも慣れてきたころに、特定の時間に自動でメール配信できないかという話になりました。
そのオンラインゲームでは、HNMと呼ばれるレアアイテムをドロップする強敵がいるのですが、前に表れてから72〜96時間という間隔で出現します。
私達はこの時間をNM待ちと呼んでいましたが、最長24時間もパソコンの前で待たなくてはいけないため、寝落ちするメンバーが多くなっていました。
そのため、定期的にメールを送信して、起こしてやろういう目的で、自動メール配信が必要になったのです。

 

これを実現するには現在のJUGEMさんでは無理だと言われました。
そのため何でも制限なくできるVPSサーバーを探すことにしたのです。
しかしVPSサーバーは素人が手を出せるものでは無く、借りてみたものの結局はシステムが完成せず終わってしまいました。
VPSサーバーって難しいですが、次に機会があれば完成させられるんじゃないかと思っています。