無料のVPS

無料のVPSを使ってみた

最近、就職してWEBサイトを作るようになったので、練習用にVPSを使いたくなった。

 

「さすがに無料のVPSは無いだろうな・・・」と思ってちょっと探してみると、数は少ないながらも無料のVPSが存在していたので、早速使ってみたレビューです。

 

2つの無料VPS

まあ選択肢はかなり少なく、結局2つしか無料で試せなかった。

 

HOST1FREE

http://www.host1free.com/

 

結論から言えば最悪だった。

 

HOST1FREEはドイツのVPS。
しかしなぜか申し込みは英語で入力する必要がある。
ドイツ語よりはいいけど、これが結構大変。

 

しかも初回登録してから、ログインURLとアカウント、パスワードが送られてくるのが1週間後・・・。

 

使い始めるまでに1週間かかります(爆)

 

無料なんでしょうがないのかもしれませんが、この時点で「ちょっと無いな・・・」という感じでした。

 

まあ印象は悪かったのですが使ってみると意外にも「普通」に使える。
CentOSでyumを使って色々インストールして楽しめた。

 

しかしその後が良くない・・・。
一週間くらい放置してたら、なぜかVPSの電源が落されている。
起動するためにHOST1FREEのホームページでログインして、英語をがんばって翻訳して、1時間くらいでようやく起動・・・。
安心したのも束の間、数日後なぜかデータが消されてしまってTHE END。

 

英語でメールが届いてましたが、なにかHOST1FREE様のお気に触ることをしてしまったようです。
3時間おきのcron設定したくらいだけど・・・。

 

結論
練習用にもならない・・・。

 

 

http://www.vps.me/

http://www.vps.me/

 

結論から言えば、ここはもっと最悪だった・・・。
というか使えなかった・・・。

 

長い申し込み入力の末、最後の最後で

 

「じつは無料枠が一杯なんだ。ごめんね(私訳)」

 

と言われたときは殺意が芽生えた(爆)

 

最初に言えyp!

 

 

皆様ご注意を・・・。

 

結局どうしたのか?

結局、無料のVPSは諦めた。
無料のVPSもまあ人によってはいいんだろうけど、なんか技術以外のところで時間がかかりすぎるのが自分は嫌だった。

 

結局はお金を時間で買った感じで、一番安いVPSを使っている。
ServersMan@VPS

 

スペックが悪いらしく評判は良くなかったのだが、練習用で使うには問題なし!
月々467円ですが、自宅にサーバー立てて電気代払うよりは全然安い。
初期費用無料かつ、1ヵ月無料だったので「まあとりあえず使ってみるか」と安易に申し込んでみたものの、サクサク動くし全然問題が起こらず、何だかんだで6ヶ月くらい使ってる。

 

肝心の勉強の方は、ロードバランサー入れた複数台構成のサーバーを組めるくらいには、成長できた。

 

 

 

教訓
無料のVPSは時間の浪費